IMG_5049.jpg

奄美漁業協同組合 住用支所

すみよう漁業集落 女性部

うまさの秘訣は新鮮さ!地物の魚でなんでも作ります!

団体の設立から販売に至るまでの経緯

「すみよう漁業集落女性部」は、奄美市住用(すみよう)地区の漁業者の奥さんを中心に平成18年に設立されました。

メンバーは現在4名です。住用地区の漁業者と協力しながら、住用の「いしょむん(島の言葉で『海の幸』の意味)」を用いた水産加工品を、開発・製造・販売することを目的として活動しています。

 

現在は「奄美市和瀬水産物加工センター」で、商品開発・加工品製造に取り組んでいます。

魚が獲れた日が活動日になることが多いので、天気を見ながら臨機応変に対応しています。

 

商品は奄美市住用町の「三太郎の里」で販売しているほか、「軽トラ市(奄美市)」や、「お魚まつり」など地域のイベントにて販売しています。

メニュー・商品の開発の方法、こだわり

商品開発は、自分たちで研究し、時には専門家に教えを請いながら、「納得のいくまで何度も試作を繰り返し、商品化につなげる」ことをモットーとしています。

せっかく食べてもらうのだから「おいしいと喜んでもらえるものを作りたい」。

ちいさな子供からご年配の方まで、地元の方から旅行中の方まで、どうしたら喜んでもらえるか?いつも考えながら商品づくりをしています。

素材となる魚は、住用の漁業者に限定して仕入れ、仕入れ先にはこだわりますが、魚の種類は選びません。

 

これまでほとんど利用されていなかった雑魚(ざつぎょ)と呼ばれる様々な種類の魚も仕入れ、おいしい「つきあげ(さつま揚げ)」に加工します。

魚が獲れたその日のうちに、漁業者が加工センターへ持ち込むという協力体制があるので、原料の魚はすべて鮮度抜群です。

 

魚は何といっても鮮度が命。

素早く加工調理して、魚のうまさを閉じ込めます。

大漁のときには、通常の何倍もの魚が入荷することもありますが、魚の種類に合わせた下処理をして保存し、加工品製造に無駄なく利用しています。

想い

太平洋に面する住用は、魚の産地としてそれほど知られていませんが、実はいろいろな魚が獲れて、おいしい魚もたくさんあるところです。

 

このことを多くの方たちに知ってもらい、住用の魚をたくさん食べてもらうため、自分たちの商品は「いろんな人に食べて欲しい」と思っています。団体設立から現在まで、メンバーの変わらぬ想いです。

自分たちの商品がきっかけとなって、住用のお魚はおいしいと知ってもらい、長く食べてもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

ゆくゆくは、住用の特産品になるようなロングセラー商品を生み出したい、そして住用の漁業が今よりもっと元気になってほしい!と思いながら、日々がんばっています。

おすすめメニュー紹介

奄美市和瀬水産物加工センター

コロコロ コロッケ

おかずにぴったりお魚コロッケ! 

白ワインと牛乳で柔らかく仕上げたジャガイモに、キハダマグロのほぐし身をふんだんに混ぜ込んだ、お魚コロッケです。箸でつまむと形が変わるくらい柔らかで、味はシンプルな塩味、マイルドなスパイス感の中に独特のコクを感じます。

コクの正体は、手でほぐしたキハダマグロ。魚の身を手でほぐすと味に深みが出る。添加物不使用。魚の骨もしっかり取り除いてあるので、お子様も安心して食べられます。

魚好きにも、そうでない方にも食べて欲しい、そんな願いを込めました。 ご家庭で調理するときは、油でさっと揚げるだけです。おかずに便利な一品です。

奄美市和瀬水産物加工センター

手作りカツオのかほりツナ

ツナ缶じゃありませんってば!

ツナ缶の仲間のように見えますが、ツナ缶とは似て非なるものです。

住用近海で獲れた鮮度抜群のカツオにハーブとスパイスをまぶし、オリーブオイルたっぷりの油の中で、じっくりと火を通し、仕上げに黒コショウを振ったら完成。

すみよう漁業集落版アヒージョといったところです。その名の通り香り豊か。しっとりした食感に程よい塩加減で、そのままおいしく頂けます。アレンジも自在。生野菜とサラダに、ゆでたパスタと絡めたり、白ワインとの相性も抜群です。解凍するだけで食べられる調理のしやすさも嬉しいポイント。

おかずにも酒の肴にもなる一品です。

奄美市和瀬水産物加工センター

キハダマグロ魚(いゆ)みそまん

はみ出る美味さと驚きのコスパ!

見た目は中華まん、中身は奄美の魚味噌(いゆみそ)です。

魚味噌、初耳ですか?奄美には「〇〇味噌」という名のお茶うけがたくさんあります。

古くから伝わるお茶うけ味噌(粒味噌)に肉や魚介類、砂糖、ピーナツやゴマなどを混ぜて炒めたものです。 豚肉が入れば豚味噌、魚が入れば魚味噌になります。魚みそまんは、鮮度抜群のキハダマグロを贅沢に使用。一口頬張れば、甘辛の味噌とキハダマグロの旨味が口いっぱいに広がります。ピリッとした一味とピーナツの風味がアクセント。実は野菜もたっぷり入っています。しっとりもっちりの皮は、オリジナルレシピで小麦粉から手作りしている本格派。

旅のおともにぜひどうぞ。

基本情報

団体名

すみよう漁業集落女性部

店舗名

店舗はないが、奄美市住用観光交流施設 三太郎の里にて商品販売中

(加工所:奄美市和瀬水産物加工センター)

住所

〒894-1116 鹿児島県奄美市住用町大字摺勝555-13(三太郎の里)

〒894-1202 鹿児島県奄美市住用町大字西仲間72-9(奄美漁協住用支所)

代表者氏名

市田 幸美

電話番号

0997-69-5077(三太郎の里)

0997-69-2455(奄美漁協住用支所)

FAX番号

-

メール

-

HP・Blog

-

SNS

-